産むまでツワリで痩せて出産

不妊治療の末、念願の妊娠。ベルタママリズムの特徴や私の口コミ!販売店での市販状況などもお伝え!

6週頃からツワリがはじまりました。

吐くことが怖い私は食べることが出来なくなりました。

1日ペットボトル1本飲めるかどうかの水分と、食パン、ゆかりのおにぎり、トマトのポン酢漬けなど、食べれるものを少しずつ日に3度食べる生活が2カ月強続き、体重は6キロ減りました。

途中出血もあり安静だったため、見た目はどんどん不健康に痩せていき、家族も私の体がもつのか心配する有様。あと1キロ減ったら入院と言われましたが、もちこたえました。安定期には少しマシになりましたが、普段の1/3食べれるかどうか。大好きな甘いものは一切食べたくなく、体重は少しずつ増える程度で、気分がスッキリした日はないまま、後期の圧迫で再び気持ち悪さが悪化。

胃も痛くなり、妊娠8カ月の時に『そんなにずっと胃が調子悪いのはおかしい。何か別の疾患が隠れているといけない。胃カメラするなら今がギリギリだ』と、産婦人科からの紹介で胃カメラを飲みました。当時の私はお腹もあまり出ずガリガリで妊婦には見えず、技術さんに『妊娠はしてませんね?』と確認され『8カ月です』と答えたことは印象に残ってます苦笑。

結局胃は荒れてる程度。この頃には心身共に疲弊しており、『ツワリ いつまで』をネットで検索し、機能性の胃の病気をもつ方と慰めあったり、早く産まれてきてほしいと思う自分を責めては泣いていました。

ツワリは産んだら嘘みたいになくなるなんて全く信じられず、今後ずっとこのままでは…と思っていました。

いよいよ出産。結局当日まで気持ち悪いままでした。あまり私が食べれなかったためか、お腹の子は成長曲線ギリギリの小さな子で、陣痛がはじまっても子宮口は開かず、産道を降りてこず、時間だけが過ぎお腹の中で心音が弱くなってしまい緊急帝王切開となりました。体重は産むまでに4キロ戻ったものの、最終的にマイナス2キロでの出産となりました。

術後は気持ち悪さが残り、やっぱり産んでも自分は治らない…と落ち込みましたが、母乳が出始めると、つかえていた何かがスルスルと溶け落ちる感じがして、嘘みたいに食べれるようになりました!

ツワリ中に聞いていた音楽を聴くと、あの頃の気持ち悪さというか、しんどさを思い出すので聞きたくなくなりましたが、それでも2人目を妊娠しました。2人目の時は1人目ほどツワリも辛くなく、それなりに妊娠生活を楽しむことができました。

ティッシュペーパーか段ボールか。

最近マスク生活が続き、隠れるから…と見ないふりしてきましたが、ふとお風呂上がりの自分のすっぴんを見てみたら目の下のしわ、ほうれい線が気になりました。

肌ナチュール炭酸クレンジングの本音口コミ!まるでエステの使用感を徹底解説

ほうれい線はマスクで隠れるからまだ良いとして(良くない笑)目の下のしわはマスクしてても丸見えです。

そういえばクレンジングの際、しわのせいでファンデーションにもヨレが出来てる。

これは何とかしなければと思い立ち、ネットでアイクリームの検索。合うか合わないかわからないまま何千円も出すのは恐かったので、クチコミが良い中で1番安価なものを購入。千円以下で激安スーパーで手に入りました。

せっかく今までオールインワンのみでスキンケアしてた生活からの脱却なので、最大限に効果を発揮させるべく、前に参加した美容セミナーの方の言葉を思い出しながらいざアイクリームを塗る。

「そもそもしわの大きな原因は乾燥です。ティッシュペーパーをグシャグシャにしてもひろげたらしわはほとんど残らないでしょう?でも段ボールなんてちょっと折っただけでくっきりしわが残る。お肌も一緒です。」

この言葉が妙に私の中でしっくりきて、アイクリームの前にコットンでお肌にたっぷり化粧水を入れ込み、そこからアイクリーム。これだけでただアイクリームを塗ったよりもものすごい達成感が生まれ、失いかけていた女子力まで取り戻せた気になって毎日続けています。

アイクリームを塗り続けている効果はまだあまり分かっていませんが、段ボールになってしまわない様、今後も続けていきたいと思います。

日焼けが気になるお年頃

最近日焼けが気になり出しました。QUEI(クエイ) カラーチェンジファンデーション

夏になると多少焼けるのは仕方がないかなって思うのですが、近年の太陽の光強くないですか?

ちょっと外を歩いただけなのに首が焼けます。

そして、お肌がピリピリいたく感じます。

出掛けるときは化粧水してから日焼け止めを塗ってお出掛けするのですがさすがにお肌がピリピリ焼ける痛さで今年は日傘デビューしました。

日傘をさすようになってからお肌のピリピリはなくなったのですが、焼けますよね。

道路からあちらこちらから反射して光を避けることはできないけど、傘をささなかった時に比べてお肌は守られてる気がします。

年々お肌のダメージが酷くなってきているので、お風呂上がりにしっかりケアをするようになりました。

昔は適当に化粧水や乳液、美容液をパンパン叩いて終わりにしていたんですけど若さには勝てないなって年々痛感しています。

自分のお肌と向き合うようになってからは、適当にケアをしていたのが恥ずかしいくらいです。

きちんとケアすることでお肌のトラブルも減るし、お肌の調子とも向き合えるようになりました。

化粧のノリが良い日は良いことが起こりそうだなって気持ちまでも前向きになれます。

お肌が調子悪い日は、今日は労ってあげないとって気を付けるようになりました。

お肌が綺麗だとモチベーションが上がるのでこれからもしっかりケアをしていきたいなと思います。

トンカツ弁当からの涙の日々

私ののんびり暢気に考えていた3人目出産が出産嘘みたいに涙涙の日々を迎えたお話です。

5歳、2歳、そして3人目の出産でした。
コロナがありあまり外出もできなかったりしたので
赤ちゃんの物も妊娠準備や出産バッグさえものんびりと準備していました。
そして39週に入った日にお腹痛いなぁと思いながらもいつもの痛みかなぁ。前駆陣痛かなぁとゴロゴロゴロゴロ実家で横になっていました。

ベルタママリズム

母にもお腹痛い?と軽く伝えていました。
すると母が夜ご飯人気店のトンカツ弁当おごってあげると言われ、お腹の痛みを忘れ主人にトンカツ弁当のことをLINEで伝えてそれだけを楽しみにしていました。
ところが、、、夕方の16時ごろお腹の痛みがひどくなり念のため病院に電話しました。

すぐに来てくださいと言われて病院に行きましたが先生からはまだだけど今日明日には産まれそうだね!入院して様子見る?と言われましたが、、、わたしの頭の中にはトンカツ弁当がチラつき、、、帰ります!と伝えて帰りました。
主人が帰りに病院に寄ってくれて帰ろうとしたとき母から帰りにトンカツ弁当とってきてお兄ちゃんの家にも届けて言われて病院から40分ほどかけてトンカツ屋さんにむかいました。
トンカツ屋さんに着く頃には我慢できるけど確実に陣痛だとわかる痛みが襲ってきていました。

それでもトンカツ弁当を食べてからと思っていたので兄家族の家にも弁当を届けて実家に戻りみんなでトンカツ弁当を食べました。
私は痛みが引いた瞬間にトンカツを食べ休み食べ休みを繰り返しながらトンカツだけは完食し主人に行きましょうと伝えて病院に向かいました。
看護婦さんからはお昼帰った時え?帰ったの?と思ってたんだよーと伝えられました。
そうなんです!この時までは楽しく会話もできていました。
分娩室に入り準備を済ませて痛みと闘っているうちに段々と寂しくなってきたのです!
それもそのはず長男、次男の時と違い3人目の出産はコロナの影響で立会いは産まれる瞬間のみ。
病院にも家族が入れないという状態だったので寂しさと痛みとホルモンの関係か涙がとまらなくなり助産師さんに旦那だけでも入ってきてほしいと泣きついていました。
今思えばトンカツ食べてた暢気な私はどこへやらと、、。
助産師さんからは当然のごとく、みんなコロナで我慢してるから頑張ろうね!赤ちゃんもうすぐだよーと言われましたが頭の中では赤ちゃんのためにもママ頑張らなきゃとわかっていても上の子のときの出産で主人が声をかけてくれたり手を握ってくれたりしていたから寂しくて寂しくて、、、、。

上の子の出産ではあまり声を出して痛いとか無理など言うことなかったのですが、、、今回痛い無理を繰り返し言ってました。
もう産まれるからご主人呼んでねと言われ、、、すぐに主人に電話をかけ泣きながら早く来てと伝え主人が部屋に入ってきたときは大泣きでした。
無事主人がきてから5分もしないうちに元気に産まれてきてくれて抱っこしたときは泣きまくりでした。
ここから私の辛すぎた5日間が始まります。

まず主人は帰らされ、赤ちゃんも助産師さんに連れて行かれ部屋に一人ぼっちで2時間。

そのまま個室に移動し1人ぼっち。
寝れない寂しい子供達に会いたいで涙とまらず、、
上の子たちとも1日も離れたことがなかったので私自身が耐えられませんでした。
赤ちゃんも母子同室になり赤ちゃんのお世話、寂しい寝れない子供たちに会いたいで涙止まらず、、
夜になると子供たちからの電話、主人との電話、寂しくて涙とまらず、、
そして寂しい寂しいで夜一睡もできずに朝が来る!これが毎日と続きました。
看護婦さん、助産師さんも1日に3回くらいしか部屋に来ないので本当寂しくて寂しくて泣きながら電話をかけたりしていました。
夜中の3時に主人に迎えにきてと泣きながら電話をかけたり、、、
本当にコロナを心から恨みました!
赤ちゃんにも弱いママでごめんねと何度も謝り子供たちにも何度も早く会いたいと泣いて電話をかけ子供たちから励まされてしまいました。
最終的には先生に全て相談して1日早く退院させてもらいました。

実家に戻り半日寝ました。眠り続けました。

コロナの中でも面会、立会いが出来なくて私にとっては本当に辛い出産になりました。
これから出産を控えている方が少しでも辛い思いをしませんようにどうかコロナが少しずつ落ち着きますように!

子供が1歳を迎えた日トンカツ弁当を食べました。笑