30代のよくあるお肌の悩み

仕事に遊びに恋愛、家族のために行う家事や、夢のための勉強。

女性の30代は、楽しくて素敵でキラキラ輝いているもの。

SNSなどを覗いてみると、そんな女性が世間にはたくさんあふれています。

 しかし、本当にみんなそのような素敵な毎日を過ごしているのでしょうか?

まさか!実は30代の女性はうまく見せるのが上手なのです。

その中でもお肌に関してのアンテナは敏感です。

 1日の始まりに鏡を見てお化粧をしますよね。その瞬間から1日の気分が決まる!なんて人もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、お肌にトラブルがあっては気分が落ち込んでしまいますよね。

 そこで、今回は30代の女性のよくあるお肌トラブルをあげてみました。

皆さんにも同じ悩みがあるかもしれません。

1 しみ

 30代になるとまず一番に現れ、目立ってくるものが『しみ』です。

 20代ではすぐに消えていたニキビあとや日焼けの治りが、30代では遅くなりそのまま色素沈着。なんてことが多くあります。

 しみになっていない段階でも、今後しみになる恐れのあるものはしっかりと早い対策をした方が良いでしょう。

2 しわ

nicoせっけん

 お肌の悩みの代表と言われる『しわ』。

 ほうれい線のしわやおでこのしわなどは、よく聞かれます。

 自分にはそんなしわはないし、まだ関係ないわ。と思っている女性も多いのではないでしょうか。

 実は、しわはしわでも『こじわ』というものがあるのはご存知でしょうか。

 目元や頬、ほうれん線の近くに小さく浅く細い線があれば、まさにそれが『こじわ』なのです。

 このこじわは乾燥した際によく現れ、徐々に保湿をしても消えていかないしわに変化していきます。

 まさにこのこじわが深いしわの始まりなのです。

 もしこのこじわを発見したらしっかりと保湿を心掛けた方が良いでしょう。

 以上、30代のよくあるお肌の悩みでした。

 いかがでしょうか。

 よく聞くお肌のトラブルですが、自分が気づかない間にもお肌の老化が始まっていることがあります。

朝や夜寝る前にじっくりお肌を覗いてみてください。

もしかしたらお肌の変化に気づけるかもしれません。

その時はぜひラッキーだと思いすぐに対処してみてくださいね。