【ダイエットに失敗はありません】目標体重を達成できなくても実は成功しています!

「1ヶ月で5キロ痩せることが目標だったけど、3キロしか痩せられなくてダイエットに失敗した」。

こんな経験ありませんか?

ダイエットを始めるにあたって、ほとんどの人が最初に目標を決めます。

そこから目標に向けて体重を落としていくわけですが、全員が目標体重になれるとは限りません。

・急に友人に食事に誘われて予定外の食事をしてしまった。

・体調を崩してダイエットにうまく取り組めなかった。

・途中でダイエットが辛くて中止してしまった。

・高すぎる目標を設定したため達成できなかった。

色々な理由で目標まで届かないことってありますよね。

そうなると「自分はダイエットなんてできない人なんだ…。」と自己嫌悪になってしまいがち。

一度、自己嫌悪を経験してしまうと、失敗したツラさがネックとなり「もう一度ダイエットに挑戦しよう!」という気持ちがもてなくなります。

心のどこかではダイエットに挑戦したいと思っているにもかかわらず…。

でも実は、「目標に届かずダイエットに失敗した」なんて思わなくてもいいんです。

ハッキリ断言しますが、「目標に届かない=ダイエットに失敗」は間違った考え方なんですよ。

履き方次第では痩せない?ベルミススリムタイツの効果と私の口コミ評価を暴露

小見出し【今より改善しているならそれは成功】

目標が達成できなくてダイエットをやめてしまう人は、目標達成だけに意識をとらわれすぎています。

たしかに目標達成はすばらしいことですが、達成できなかったら努力がすべてムダになるかといえば、絶対にそんなことはありません。

「5キロ痩せるのが目標で、2キロしか痩せられなかった」としても、考え方をかえれば「2キロ痩せることができた」ということです。

「野菜と多く取り入れた食生活を1ヶ月続けたけど、全然痩せられなかった」としても、「1ヶ月健康な食生活を送ることができた」ということです。

目標はあくまで目標なので、ダイエット前よりもなにか自分のプラスになることがあったなら、自信をもって成功したと胸をはって自分を褒めましょう!

目標達成だけではなく、目標に向けて頑張った過程にも目を向け自分を褒めましょう!

過去にダイエットに失敗して、自分に自信がなくなっている方は、ぜひこの考えを取り入れてみてください!