口臭とデンタルフロス

ちょうど一年前、歯列矯正を始めた。私は人並み以上に美意識があり、歯並びに問題はなかったが、少し出っ歯が気になったためだ。

キラハクレンズの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

そして、歯列矯正を意識して初めて、自分の口臭に気づくことになる。矯正器具が装着されると、当たり前だが、歯磨きが非常に難しくなる。これまで1本で磨いていた歯を、デンタルフロス(歯間の汚れを取る糸)と、タフトブラシという先の細い歯ブラシの2つを利用して磨く。初めてフロスを利用した日、驚いた。汚い話だが、奥歯からフロスで取った汚れが、信じられないくらい臭かったのだ!くさすぎて思わず顔を歪めてしまった。それからというもの、奥歯の臭い汚れがトラウマで、毎食後、必ずフロスで磨く習慣ができた。私はこの汚れを放置して、無意識に口臭で人を不快にさせていたかもしれないからだ。

なんでも、多くの人が、奥歯にフロスをかけると臭い汚れが取れるらしい。歯への美意識が高いアメリカでは、フロスの使用は一般的だが、日本では馴染みのない人も多いのではないだろうか。私の勤務する会社の人達は、フロス以前に、ランチ後に歯を磨かない。マウスウォッシュで濯ぐだけだ。これでは口内の臭い汚れがどんどん溜まり、口臭の原因になるのではないか。

コロナでマスク着用が一般化した今、自分の口臭に初めて気づいた人も多いと聞く。私はみんなに言いたい。「とにかくフロスかけて!」と。